設立趣旨 組織概要 認定制度
活動レポート
市民学会大会 コーディネーター養成講座 アドバンスコース 会員向け資料 お知らせ お問い合わせ
がん哲学外来
カフェイベント情報
認定コーディネーター
掲示板
各種申込
認定基準

effect

がん哲学外来市民認定コーディネーターの認定条件

1. 学会認定コーディネーター資絡は以下の要件を満たし学会認定委員会に資 格申請を行うことにより取得できる。認定委員会により審査され適確と認 められたコーディネーター候補者は、学会理事長の承認を受けて認定コー ディネーターの資格を得る。

(1) 学会認定「がん哲学外来コーディネーター」は「がん哲学外来コーディネーター養成講座」3 回分の修了証を取得していることを要件とする。

(2) 学会認定「がん哲学外来コーディネーター」申請時にはコーディネー ターとして自分の目指すところを 400 字から 800 学程度でまとめた小論文を提出する。

(3) 学会認定「がん哲学外来コーディネーター」は下記の倫理指針に準拠 する。違反した場合は認定を取り消すことがある。

2. 学認定コーディネーターの認定期間は5年間とし、下記要件2および3を 満たすことにより次の 5 年間の認定更新を行う。
 (1)5年間に 1 回以上のアドバンスコース出席。
 (2) 大会やカフェ参加等のがん哲学外来関連活動(行事)への参加
 2018年 7 月 8 日改訂 2019年1月1日より適用する

がん哲学外来市民認定コーディネーター倫理指針
1. がん患者さん(ご家族)の心のケアを第一とする。
2. 来談者のプライバシーの保持を堅守する。
3. がん哲学外来とは直接関係の無い布教活動やイベント等への勧誘、販売促 進活動、営業活動は行わないよう配慮する。
上記に基づき、高い倫理観・使命感をもって活動を行う。
認定制度委員会

effect

がん哲学外来コーディネーター認定制度委員会の設置
【がん哲学外来コーディネーター市民学会の「認定基準」を設ける背景】
がん哲学外来市民学会の果たす役割のひとつは、全国のがん哲学外来カフェ(以下、カフェという)が学 び合う場を提供することです。地域ごとのがん哲学外米の取組の特色をがん哲学外来市民学会大会で提示 していただいて、これから新たにカフェを立ち上げる方々への参考にしていただければよいと考えます。 カフェには多様性がある一方で、「がん哲学外来」としての共通の規範も必要です。当学会におけるが ん哲学外来コーディネーター養成講座はその規範を身につけたコーディネーターを育成します。 がん哲学外来市民学会認定コーディネーターが求められる背景には、今後、カフェが全国に拡がってい く中で、活動の質を維持し、問題の発生を未然に防ぐためのしくみを学会が主導して設けることにより社 金的な信頼を担保する必要性が存在します。また、病院などにカフェを開設するに際して相応の資格が求 められることも予想されます。 以上の背景から 2015 年度以降は「がん哲学外来カフェ」は少なくとも 1 名の学会認定「がん哲学外来 コーディネーター」により開催されることが望まれます。学会認定コーディネーターには、カフェが一定 の規範から逸脱しないように責任をもってカフェを主催することが求められます。
【学会認定コーディネーターといわゆるコーディネーターの違い】
このように学会認定コーディネーター誕生の背景を考えると、両者は区別する必要があります。学会認 定コーディネーターはカフェを適切に運営するための資格であり、いわゆるコーディネータ一としての資 質を測る意図ではありません。 がん哲学外来の精神で日常生活のあらゆる場面でコーディネーターを行うことは自由であり、小学生や 幼稚園の子供にもそのような役割を果たすことは可能であると思われます。
【今後の練題】

1. がん哲学外来コーディネーターに求められるものは時代に即して、経験に即して、変化していくもの であることをふまえ、毎回の養成講座や大会で考えていく必要があります。認定制度委員会は枠組み を決めることを目的とし、内容を盛るのはそれぞれのコーディネーターに求められていることである ことを認識し、今後、コーディネーターも含めた情報交換などを積極的に行ってゆく必要があります (認定制度委員会の設置)。

2. がん哲学外来コーディネーターの制度が動き始めたときに、さまざまな形 (カフェのかたちを含めた 様々なスタイル) が生まれてくると思われます。多様性があることは良いことと考えます。同じよう にがん患者さんを サポートするがんサロンやビアサポートもそれぞれの定義があることを思い、互 いに尊重し合うスタンスが望まれます(この委員会で決められることではないと忠います〉。

3. がん哲学外来やカフェをコーディネートするがん哲学外来コーディネーターと実際に相談にのる相談 員人というのでは若干主旨が異なると思いますので、今後認定相談員のようなものも必要となること が予想されます。

【がん哲学外来コーディネーター認定制度委員会】
(活動内容)
1. 初年度、認定基準の設定
2. 認定制度の年度ごとの見直しへの提言
3. 継続的に活動し、柔軟に見直しも検討する
4. 年度ごとの薪規認定者の確認
5. がん哲学外来コーディネーターの活動状況、意見の把握
6. コンブライアンス順守状況に関する確認、見直し課題の有無の検討
【認定制度委員会 201211.24 発足】
◆委員長
宗本 義則
(浅井三姉妹がん哲学外来/福井県済生会病院集学的がん診療センター長)
◆委 員
安藤 潔
(がん哲学外来市民学会/東海大学医学部血液・腫瘍内科教授〉
宮原富士子
(勝海舟記念下町(浅草)がん哲学外来(株)ジェンダーメディカルリサーチ代表取締役)
村島降太郎
(がん哲学外来浅間対話カフェ/佐久市立国保浅間総合病院院長)
横山 郁子
(神戸薬科大学)
車屋 知美
(福井済生会病院)
◆事務局
片桐 孝子
(がん哲学外来市民学会事務局)