設立趣旨 組織概要 認定制度
活動レポート
市民学会大会 コーディネーター養成講座 アドバンスコース 会員向け資料 お知らせ お問い合わせ
がん哲学外来
カフェイベント情報
認定コーディネーター
掲示板
各種申込
組織概要

effect

患者・家族はがんとともに生きていく上で、病気を治すことだけでなく、人とのつながりを感じ、尊厳を持って生きることを求めています。 「がん哲学外来市民学会」は、医師、医療従事者、一般市民、学生、中高生、がん問題に関心を持つあらゆる人々が、立場を超えて集う「経験交流」の場でもあります。 患者の立場に立つ「医療維新」を目指します。
活動方針

effect

1.「暇げな風貌」の中に「偉大なるお節介」を有する「胆力と気概」の習得
2.体験を踏まえつつ、空の上から自分を見る視点を持った「当事者研究」の推進
3.言葉の大切さ、重さ、対話のあり方を学ぶ「次世代のがん相談者」の育成
がん哲学外来市民学会 会則

effect

第1条
本会は、「がん哲学外来市民学会」(Cancer Philosophy Clinic Association for the People)と称し、一般社団法人「がん哲学外来」(東京都千代田区一番町23番3日 本生命一番町ビル3F)に所属する。
第2条
本会は、「がん哲学外来」の理念のもと、「がん」と共に尊厳を持って生きていく 市民が主体的に支え合う社会の実現を目的とする。
第3条
本会は、医師、医療従事者、一般市民、学生、中高生など、がん問題に関心を 持つあらゆる人々が立場を超えて集う「交流」の場であり、市民の立場に立つ 「医療維新」を目指す
第4条
本会は以下の事業を行う。 1「がん哲学外来」の活動推進 2「がん哲学外来コーディネーター」修了証・認定証の発行 3「がん哲学外来市民学会」学術会議および総会の開催 4ニュースレターの発行 5その他本会の目的を達成するために必要な事業
第5条
本会の目的に賛同する人は誰でも会員になることができる。 会員は正会員、学生会員および賛助会員とし、それぞれ別に定める会費を払う ものとする。総会における議決権は正会員のみが平等に有する。 会員は、本会の行う事業に参加することができる。
第6条
会員は申し出によりいつでも退会することができる。また、会費を 2 年以上納 入しない会員は退会したものとみなす。
第7条
本会は、次の役員を置く。 代表1名 副代表 3名 広報委員 数名、 財務委員 学会事務局 1 名 数名、その他必要に応じて各種委員を設ける。 監事 2名
第8条
代表及び副代表の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。選出方法については細 則で定める。
第9条
本会は会員より選出された世話人を置く。世話人の選出方法については細則で 定める。
第10条
本会の運営方針は執行役員会(代表及び副代表)で決定され、世話人会において承認 をうけることを必要とする。
第11条
本会の日常業務を遂行するため事務局を置く。
第12条
本会の会計年度は毎年4月 1 日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第13条
本会則の変更は世話人会において承認を得ることが必要である。
第14条
本会則の変更は世話人会において承認を得た直後より有効とする。
第1版
2012年4月1日
第2版
2013年7月6日
第3版
2014年7月13日
細則
1.会費
正会員 (大学生以上)
年会費 3,000円
学生会員 (中学生・高校生)
年会費 1,000円
医療機関賛助会員
年会費 50,000円
企業賛助会員
年会費 100,000円

2.世話人の選出方法
世話人による推薦を受けて世話人会で承認を得る。

3. 代表及び副代表の選出方法
代表と副代表は 2 年ごとに世話人会で継続承認を受け、必要に応じて交替する。交替する 場合には世話人の中から推薦を受け、世話人会で承認を受ける。 振込先
【金融機関名】ゆうちょ銀行
【店名】〇一九
【預金種目】当座
【口座番号】0664633
【口座名義】がん哲学外来市民学会(ガンテツガクガイライシミンガッカイ)

4. がん哲学外来市民学会の事務局は次の住所に置く。
 〒385-0046 長野県佐久市前山321-3 がん哲学外来研修センター
 電話:0267-63-5369 FAX:0267-63-5389
 以上
組織沿革

effect

2008年1月
樋野興夫により最初の「がん哲学外来」が順天堂大学医学部付属順天堂医院で開催される
2008年9月
院外初のがん哲学外来が「横浜がん哲学外来」で開始される。以後各地にがん哲学外来カフェが誕生する。
2009年1月
「NPO法人がん哲学外来」設立。
2009年9月
第1回がん哲学外来研修会が佐久市クアハウス佐久で開催される。
2011年11月
佐久市に「がん哲学外来研修センター」が設置される。
2011年12月
第1回がん哲学外来コーディネーター養成講座が佐久市で開催され、「佐久宣言」により「がん哲学外来市民学会」設立。
2012年9月
第2回がん哲学外来コーディネーター養成講座 佐久市
2012年9月
がん哲学外来市民学会第1回大会(樋野興夫大会長) 佐久市
2013年7月
がん哲学外来市民学会第2回大会(安藤 潔大会長) 東京都
2013年7月
「一般社団法人がん哲学外来」設立
2014年7月
第4回がん哲学外来コーディネーター養成講座 福井市
2014年7月
がん哲学外来市民学会第3回大会(田中延善大会長) 福井市
2015年5月
第5回がん哲学外来コーディネーター養成講座 大阪市
2015年7月
がん哲学外来市民学会第4回大会(岩田章大会長) 金沢市
2016年5月
第1回がん哲学外来認定コーディネーターアドバンスコース 東京都千代田区
2016年7月
がん哲学外来市民学会5回大会 (金田巌大会長) 石巻市
2016年7月
第6回がん哲学外来コーディネーター養成講座 石巻市
2017年7月
がん哲学外来第6回大会(大会長 沼田千賀子)神戸市
第7回がん哲学外来コーディネーター養成講座(実行委員長 横山郁子)神戸市
同年11月 アドバンスコース運営検討委員会会議 群馬県嬬恋村(万座)
2018年5月
第2回がん哲学外来認定コーディネーターアドバンスコース 群馬県嬬恋村(万座)
2018年7月
がん哲学外来第7回大会(大会長 竹川 茂)富山市
第8回がん哲学外来コーディネーター養成講座 富山市
2019年5月
第3回がん哲学外来認定コーディネーターアドバンスコース 長野県小諸市
2019年7月
がん哲学外来第8回大会(大会長 矢形 寛)埼玉県川越市
第9回がん哲学外来コーディーネーター養成講座 埼玉県川越市
世話人名簿

effect

顧問
垣添 忠生
日本対がん協会会長/元国立がんセンター総長
柏木 哲夫
淀川キリスト教病院名誉ホスピス長
門田 守人
厚生労働省がん対策推進協議会会長/がん研究会有明病院病院長 
代表
樋野 興夫
順天堂大学医学部 病理・腫瘍学教授
副代表
青木 裕子
軽井沢朗読館 館長
安藤 潔
東海大学医学部 血液・腫瘍内科教授
北澤 彰浩
長野県厚生連佐久総合病院診療部長
世話人
東 英子
あずま在宅医療クリニック 院長
市川 智博
東久留米市民
市原 美穂
NPO法人ホームホスピス宮崎 理事長
井出 智子
NPO法人健康工房SAKU
井出美由紀
NPO法人健康工房SAKU
糸川 幸杞
ケアーショップアイティーオー 専務取締役
岩田 章
金沢赤十字病院 院長
岡本 理恵
金沢大学大学院 医学系研究科 准教授
岡本 峰子
朝日新聞社
小川 修
京都大学医学研究科 泌尿器科学教授
荻原 菜緒
佐久総合病院地域ケア科
風早謙一郎
株式会社システムインテグレーション
加藤 誠之
岩手県立中央病院 がん化学療法科長
片桐 孝子
がん哲学外来市民学会 事務局 NPO法人健康工房SAKU
片山 和久
伊勢崎市民病院外科診療部長
金田 巌
石巻赤十字病院 院長
木村 穣
東海大学大学総合医学研究所教授
公文 裕巳
岡山大学医学部 泌尿器科教授
車屋 知美
福井済生会病院臨床心理士
桑原 直行
秋田組合総合病院 脳神経外科科長・救急総合診療部 退院支援室室長
小松 浩子
慶応義塾大学 看護医療学部教授
小室 清子
佐久心理カウンセリングルーム、NPO法人健康工房SAKU
櫻井 晃洋
札幌医科大学医学部 遺伝医学 教授
陣川チヅ子
横浜市民
鈴木 聡
石巻赤十字病院
関口 淳子
千葉県がん患者団体連絡協議会実行委員
高田 和男
日本テレビ放送網株式会社 報道局解説委員
竹川 茂
富山県立中央病院 緩和ケア科
田中 延善
田中内科クリニック
松本 武敏
まつもと在宅クリニック
為崎 隆
千葉市民
中村 和代
㈱朝日エル 代表取締役社長
永山 悦子
毎日新聞科学環境部副部長兼医療情報室次長
沼田千賀子
神戸薬科大学
羽渕 友則
秋田大学大学院 医学系研究科 腎泌尿器科学教授
平林かおる
栃木県立がんセンター 病理診断科
福原俊二郎
NPO法人ホップ・ステップ・ハッピィ
星野 昭江
NPO法人健康工房SAKU
本田麻由美
読売新聞社 社会保障部
見供 修
国立病院機構沼田病院 がん診療部長 
丸山 範子
NPO法人健康工房SAKU
宮原富士子
株式会社 ジェンダメディカルリサーチ代表取締役/ケイ薬局在宅担当薬剤師
務台理恵子
東京慈恵会医科大学医学部看護学科
宗本 義則
福井県済生会病院 外科主任部長・集学的がん診療センター長
村島隆太郎
佐久市立国保浅間総合病院 院長
森 まどか
医療キャスター ㈱オフィスキイワード所属
矢形 寛
埼玉医科大学総合医療センタープレストケア科教授
安井 弥
広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 分子病理学教授
安原裕美子
公立学校共済組合 近畿中央病院 病理診断科
大和 豊子
元国立療養所長島愛生園 副園長
山田 圭輔
金沢大学医学部附属病院麻酔科蘇生科
横山 郁子
神戸薬科大学
吉川 研一
技術コンサルタント